不動産コンサルティング事業

不動産コンサルティング事業

  • 中古物件の売却サポート
  • 不動産活用コンサルティング

現在、不動産業界では空家問題が大きな課題となっています。

家を買うなら新築の方がいいと思われている方がほとんどだと思います。

諸外国の住宅事情と違って日本では新築信仰が強いですが、新築住宅着工戸数は2016 年に97 万戸から2020 年には74 万戸、2030 年には55 万戸(野村総研調べ)と先細りしていきます。つまり今後は既存の建物をどう活かしていくかが課題となっていきます。

その中で私たちは、「既存の住宅に付加価値を持たせながら、満足のいく価格で販売する」ということを追求しています。

 

空家や長年売れていない物件を抱える方、なかなか思うような物件や新築ハウスメーカーに出会えないという方、まずは当社にお問い合わせください。